カンジダを治療するための薬というのは多数存在します。それぞれの薬の紹介していますので参考にしてみましょう。

カンジダの治療

カンジダの治療

カンジダの治療というのは薬で十分とされているようですね。TVCMでも流れているように、市販薬としてカンジダの薬が販売されているので、そちらを購入してカンジダを治療するのも良いですね。

ただし、調べてみるとそのような市販薬というのは再発からしか使用はできないようです。そのため、初めての発症となると病院で治療してもらうしかないようです。初めてのカンジダでも市販薬で治るのであれば私も安心だったんですけどね。

また、通販でもカンジダの薬というのは販売されているようで、市販薬で全然自分の体質に合わないと感じるのであれば、そちらを購入してみるのも良いかもしれないですね。

出来ればカンジダにはなりたくないものですが、そう思っていてもなってしまう事もあるでしょう。ですが、1つ安心な部分で言うとカンジダの治療ということで手術はしないようですね。こちらはネットで調べた結果となります。

基本的にはカンジダに効果的とされている抗生物質が用いられ、飲み薬も塗り薬もあるようですね。治療期間としては1週間~2週間程度となっているようなので、そこまで長い期間治療するといったわけでもなさそうですね。それではカンジダの治療にはどのような薬やどのような方法がとられているのかを説明していこうかと思います。

カンジダの治療薬

カンジダは先程も説明した通り、再発した際には市販薬を用いて治療することが出来るとされています。ですが、初めて発症したという場合は市販薬は使用してはならないらしく、病院で治療してもらったほうが良いですね。

カンジダの薬というのは市販薬以外にも、日本では購入できない処方せん薬を通販で購入することが出来るらしいので、そちらの方が良いという方は、通販を利用して購入してみるのも良いかもしれないですね。

種類がいくつもあるという事は、それぞれ特徴が違うと言えるでしょう。なので、その人その人に合った薬、合わない薬というのが存在します。常備薬として持っておく際は必ず自分に合った薬を選ぶようにしましょう。

私自身がカンジダを発症したことがないので、私の経験というものは書けませんが、様々なサイトを拝見してカンジダに効果があるとされている治療薬についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

エンペシドL

エンペシドLという薬を知っている方は多いのではないでしょうか。TVCMでも流れているので、認知度は高いかと思います。カンジダに対して効果があるとされている市販薬となっているので、薬局やドラッグストアなど誰でも購入が出来ます。

ただし、先程も説明した通り、市販薬というのは再発のみの使用となっているようなので、初めてカンジダを発症させたという方の場合は使用しないようにしたほうが良いですね。

開発販売元はあの佐藤製薬です。ユンケルやストナも開発販売の会社ですね。なんで安全性や信頼性は高いかなと思います。私はカンジダに感染したことがなければ、エンペシドLという薬を使用したことはないので、使用感などはちょっと伝えられないです。ですが、日本でトップクラスの製薬会社なので、何か問題が起こるといった事はないかと思います。

エンペシドLというのはクロトリマゾールという成分を含んでいます。この成分に抗真菌作用があるため、カンジダ菌を消失してくれるとされています。

クロトリマゾールの臨床試験では、6日間使用したことで使用した90%以上の方が菌を消失させることが出来たと結果が出ているようです。つまり、カンジダが再発してもすぐ気付いてエンペシドLを使用すれば一週間以内にカンジダが治せるということですね。

しかも、この臨床試験の中で98.9%の方に副作用が発症しなかったとされているようです。この数値はかなりすごいですね。

エンペシドLは使用してから3日目程度で効果が現れてくるようです。3日間使用して症状が改善されたからといって、そこで治療を中断してしまうと、またすぐに再発してしまう可能性があるとされているので、もしもエンペシドLを使用するという方は中断しないようにしましょう。使用開始から6日間継続して使用することが推奨されていますので、忘れないようにしましょう。

市販薬でこれだけ効果が高いとされているのであれば女性の方にとってはとても嬉しいことですね。わざわざ病院へ行く必要も無くいつでもストックとして持っていられるので。

参考サイト: クロトリマゾール(おくすり110番)

フェミニーナ

フェミニーナも聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。男性の私でも知っているような薬なので、女性の方であればほとんどの方が知っているのではないでしょうか。TVCMでも流れているのでこちらも認知度はかなり高いかと思います。

フェミニーナは何種類かあり、その中でもカンジダに効果があるとされているのが、フェミニーナ膣カンジダ錠という薬です。軟膏ではなく膣内に挿入するタイプとなっていますね。ちなみにフェミニーナ軟膏のほうはカンジダには効かないとされているようです。フェミニーナでカンジダを治療しようと考えている方は間違えないようにしてくださいね。

成分にはオキシコナゾールが含まれているとされており、この成分がカンジダ菌を殺菌してくれるとされています。エンペシドLと同じで6日間使用することで完治できると言われているので、しっかりと最後まで使用するようにしましょう。

ただし、3日間使用しても一切症状が治まらないという場合や、6日間使用しても治らなかったという場合は病院へ行き、医師に相談するようにしましょう。

フェミニーナを使用してのカンジダ治療というのは95.7%で完治出来ると言われており、とても高い効果があると分かりますね。また、副作用もかなり少ないとされており、副作用が出ない確率が99.7%なんだとか。

エンペシドLでもかなり副作用が少ないとされていたのですが、それよりももっと安全な薬と言えますね。フェミニーナは市販薬となっており、薬局やドラッグストアで販売されているので誰でも欲しい時に購入できて便利ですね。

参考サイト:硝酸オキシコナゾール(おくすり110番)

ジフルカン

ジフルカン

ジフルカンはフルコナゾールという成分を含んでいる薬になります。こちらは市販薬ではなく、日本ではどこへ行っても購入することが出来ないので、個人輸入代行の通販を利用してのみの購入となっているようですね。

エンペシドLやフェミニーナとは違い、内服薬となっているので膣内に挿入するといった行為が怖いという方はジフルカンが良いかもしれないですね。ちなみに、調べてみるとジフルカンは女性用のバイアグラとしても使用される事があるのだとか。どのような形で使用されるのかは分かりませんが、効果は証明されているようです。

1日1回の服用として、カンジダが軽度の症状であれば4日~1週間程度で治るとされています。もしそれ以降でも症状が治まらないという場合は病院へ行き医師に相談してもらうと良いですね。違う薬を使用することを推奨されるかもしれません。

ジフルカンも副作用は少ないとされているようですが、稀に吐き気や下痢など胃腸系の副作用が出てしまう事があるようです。なんだか抗生物質と似たような副作用が出る感じなんですかね。

カンジダに対してはとても効果が高いとされているようなので、エンペシドLやフェミニーナといった市販薬が自分には合わないという方などはジフルカンの使用に変えてみても良いかもしれないですね。

>> ジフルカンを購入する(外部リンク)
※リンク先はジェネリック医薬品のページとなります

参考サイト:フルコナゾール(おくすり110番)

クロトリマゾールジェル

クロトリマゾールジェルとはその名の通り、クロトリマゾールを主成分として含んだ薬になっています。エンペシドLと同じ成分という事ですね。ただ、違う点としては、ジェルなのでこちらは塗り薬となっていますね。

なのでエンペシドLやフェミニーナのような膣内に挿入するのが怖い、内服薬も副作用が気になるという方はこちらにするとその不安も解消されるかと思います。成分がクロトリマゾールということなので、エンペシドLと同じような高い効果を実感出来るのでは?と思います。

クロトリマゾールジェルは1日に2回~3回程度、幹部に塗っていくとされているのですが、回数や使用日数というのはその方の症状の度合いによって異なってくるようで、詳しい事は医師に確認を取ってから使用したほうが良いそうですね。

また、塗り薬ということなので副作用がとても少ないとされており、安心して使用できるのかと思います。塗った時にちょっとした刺激感を感じるようなのですが、それは特に副作用というわけではないようなので、心配はいりませんね。ただし、人によっては肌質も異なってくるので、かぶれを起こしてしまったりもするようです。

クロトリマゾールジェルは通販でしか販売されていないようですね。調べてみても市販薬として売られているという情報はないんでそのようになるかと。なのでもしもクロトリマゾールジェルが欲しいという方なら通販を利用して購入しましょう。

>> クロトリマゾールジェルを購入する(外部リンク)

参考サイト:クロトリマゾール(おくすり110番)

ニゾラール

ニゾラールはケトコナゾールという成分を含んでいる薬となっていますね。カンジダに対してとても効果的とされているようで、錠剤の他にもクリームやローション、シャンプーなど4種類も存在するようです。なので自分に合った薬のタイプを選ぶことが出来ますね。

一番良いのはクリームタイプと言われていますね。ただ、ローションタイプだと浸透力が高いのでクリームタイプよりも効果も高いようです。ですが刺激が強くなっているため、あまり使用されないようです。ローションタイプよりも効果が高いとされているのが錠剤のようです。

錠剤だと直接体内へ入るので無駄の無い効果を実感出来るのだとか。クリームやローションとは違い、即効性も高いので症状を改善するには一番かもしれないですね。ですが、その分他よりも副作用も出やすい傾向にあるかもしれません。クリームタイプやローションタイプなどの外用薬で満足しなかった場合は錠剤で試してみるのもアリかもしれないですね。

ニゾラールは医療用のみとなっているようで、薬局やドラッグストアで購入は出来ないようですね。なので、病院へ行くか、通販を利用するかしか入手は不可能と言えますね。ただ医療用ということはそれなりの高い効果が得られると思っていても良いでしょう。

またまた、錠剤とシャンプーというのは日本では扱われていないようなので、この2つに関しては通販を利用するしか入手は困難ということですね。なので錠剤のニゾラールが欲しいという方は通販を利用して購入するのが良いかと思われます。

>> ニゾラールを購入する(外部リンク)

参考サイト:ケトコナゾール(ウィキペディア)