カンジダを治療するための薬というのは多数存在します。それぞれの薬の紹介していますので参考にしてみましょう。

カンジダの治療

カンジダの治療

カンジダの治療というのは薬で十分とされているようですね。TVCMでも流れているように、市販薬としてカンジダの薬が販売されているので、そちらを購入してカンジダを治療するのも良いですね。

ただし、調べてみるとそのような市販薬というのは再発からしか使用はできないようです。そのため、初めての発症となると病院で治療してもらうしかないようです。初めてのカンジダでも市販薬で治るのであれば私も安心だったんですけどね。

また、通販でもカンジダの薬というのは販売されているようで、市販薬で全然自分の体質に合わないと感じるのであれば、そちらを購入してみるのも良いかもしれないですね。

出来ればカンジダにはなりたくないものですが、そう思っていてもなってしまう事もあるでしょう。ですが、1つ安心な部分で言うとカンジダの治療ということで手術はしないようですね。こちらはネットで調べた結果となります。

基本的にはカンジダに効果的とされている抗生物質が用いられ、飲み薬も塗り薬もあるようですね。治療期間としては1週間~2週間程度となっているようなので、そこまで長い期間治療するといったわけでもなさそうですね。それではカンジダの治療にはどのような薬やどのような方法がとられているのかを説明していこうかと思います。

カンジダの治療薬

カンジダは先程も説明した通り、再発した際には市販薬を用いて治療することが出来るとされています。ですが、初めて発症したという場合は市販薬は使用してはならないらしく、病院で治療してもらったほうが良いですね。

カンジダの薬というのは市販薬以外にも、日本では購入できない処方せん薬を通販で購入することが出来るらしいので、そちらの方が良いという方は、通販を利用して購入してみるのも良いかもしれないですね。

種類がいくつもあるという事は、それぞれ特徴が違うと言えるでしょう。なので、その人その人に合った薬、合わない薬というのが存在します。常備薬として持っておく際は必ず自分に合った薬を選ぶようにしましょう。

私自身がカンジダを発症したことがないので、私の経験というものは書けませんが、様々なサイトを拝見してカンジダに効果があるとされている治療薬についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ジフルカン

ジフルカン

ジフルカンはフルコナゾールという成分を含んでいる薬になります。こちらは市販薬ではなく、日本ではどこへ行っても購入することが出来ないので、個人輸入代行の通販を利用してのみの購入となっているようですね。

エンペシドLやフェミニーナとは違い、内服薬となっているので膣内に挿入するといった行為が怖いという方はジフルカンが良いかもしれないですね。ちなみに、調べてみるとジフルカンは女性用のバイアグラとしても使用される事があるのだとか。どのような形で使用されるのかは分かりませんが、効果は証明されているようです。

1日1回の服用として、カンジダが軽度の症状であれば4日~1週間程度で治るとされています。もしそれ以降でも症状が治まらないという場合は病院へ行き医師に相談してもらうと良いですね。違う薬を使用することを推奨されるかもしれません。

ジフルカンも副作用は少ないとされているようですが、稀に吐き気や下痢など胃腸系の副作用が出てしまう事があるようです。なんだか抗生物質と似たような副作用が出る感じなんですかね。

カンジダに対してはとても効果が高いとされているようなので、エンペシドLやフェミニーナといった市販薬が自分には合わないという方などはジフルカンの使用に変えてみても良いかもしれないですね。

参考サイト:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se62/se6290002.html