梅毒は近年感染者が急増加している性病です。梅毒の症状、原因、治療法、検査、体験談を紹介しています。

梅毒とは

梅毒とは

梅毒とは梅毒トレポネーマという細菌によって発症されると言われる性病の一種です。かなり昔から存在する性病で、1940年代にペニシリン系の薬が誕生してからは減少傾向にありましたが、1999年以降は感染者が増えてきて、2011年以降となると劇的な増加をたどっている性病となっています。

これはしっかり数字であらわれており、昨年平成29年の梅毒患者報告数は日本だけで5,770人に達したとされています。報告されているものでこれだけなので、厳密に言えばもっといるのではないかとされています。

梅毒という性病は若い医師だと教科書でしか見たことがないという方も多く、間違えて診断してしまうこともあるようです。そうなるとずっと治らないという事になってしまうので怖いですね。

ちなみに私も梅毒に感染したことがあります。私の経験談を含め、様々なサイトを見て梅毒について詳しく、分かりやすくまとめてみましたので、気になる方はチェックしてみましょう。

参考サイト:梅毒(ウィキペディア)

梅毒の症状

梅毒というのは感染してから第一期、第二期、潜伏期、第三期、第四期に分かれています。それぞれの期間で症状が異なってくるのですが、長く放置していればしているほど症状の度合いは大きくなってきて、重篤な病気へ繋がる恐れがあるのです。

私が梅毒に感染した時は第一期の時だったので、そこまで大きな症状を発症させたわけではありませんでした。梅毒というのは短い期間ではなく、10年以降も症状を発症し続ける性病となっています。

放置し続けて手に負えない状態にならないようにも梅毒の症状を頭に入れて、心当たりがあるのであればすぐに検査をして治療に入るようにしましょう。

下記のページにて梅毒の症状について記載しています。男女で自覚症状なども異なってきますので、しっかりと頭に入れておくようにしましょう。

梅毒の症状

梅毒の原因

梅毒は一番はじめにもお話した通り、梅毒トレポネーマという細菌が原因で引き起こされてしまう性病です。まだまだ感染者は少ないと言っても、1年毎に増加傾向にあるため、感染する可能性というのは低くはありません。

梅毒がどのようにして、どんな時に感染してしまうのか調べることで梅毒の予防にも繋がると言えるでしょう。梅毒は性病となっているため、性行為が原因で感染すると思っている方も多いと思います。実際に性行為が原因で梅毒に感染したというのが一番多いです。

私も調べる前は性行為くらいしか原因はないと思っていたのですが、実は性行為以外にも梅毒は感染するリスクというのがあるようです。

梅毒の治療

梅毒の治療というのはクラミジア淋病と同じで手術は一切ありません。私自身が経験したこともなく、調べてみても一切出てこないのでそのような処置は行っていないのかと思います。

基本的な治療法としては抗生物質を投与しての治療となっていますね。ただし、症状の度合いによって服用量などが異なってくるようです。また、部位によっては点滴をうって入院だったりもあるようです。

梅毒は下手すると何年も経ってから気付くといったこともあるため、そのような状態だと治療も長い期間必要となってくるようですね。出来れば早期発見、早期治療が望ましいものです。

下記のページで梅毒の治療法を記載していますので、チェックしてみましょう。今現在、梅毒に悩まされているという方は必ずチェックしてすぐに治療に入るようにしましょう。

梅毒の治療