尖圭コンジローマの症状、原因、治療法、検査方法を紹介しています。また、体験談も存在しますので参考にしてみましょう。

尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマというのはクラミジア淋病梅毒など他の性病とはまた異なる特徴がある性病となっています。尖圭コンジローマは感染部位に特徴的なイボが出来るため、医師は見ただけで尖圭コンジローマと分かるようです。

基本的に尖圭コンジローマの治療には塗り薬が使用されているのですが、症状が進行し悪化してしまうと薬で治らなくなってしまい手術のみでしか治療することが出来ない状態となってしまいます。

なので尖圭コンジローマだと分かったらすぐに治療に入らなければならないとされています。ですが、尖圭コンジローマの治療というのは若干時間がかかり、症状が進行すればするほど日数が必要となってきます。

尖圭コンジローマの薬というのは通販で購入することも出来るので病院へ行くのが面倒であったり恥ずかしいという方であれば通販で購入しても良いのかもしれないですね。

参考サイト:尖圭コンジローマ(ウィキペディア)

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの症状としては先程も記載したように他の性病とは異なりとても特徴的とされています。先が尖ったようなイボが形成されてくると言われており、これが出てきたら一瞬で尖圭コンジローマだと分かるようです。

医師も視認だけで尖圭コンジローマだと診断することも出来るような症状とされています。私は尖圭コンジローマに感染したことがないので、まとめた情報となりますがこれだけはっきりとした症状が出るのであれば検査もあまり受ける必要性がないのですかね。

ただし、女性の場合だと他の性病と同じようで中々気付くことがないと言われています。その理由として、男性の場合だと外側に出来るんですが、女性の場合だと内側に出来ることがあるため気付く事が無い時があるようです。

下記のページにて尖圭コンジローマの症状について詳しく説明しています。私も感染してもすぐに治療に入れるように、様々なサイトを拝見しました。そのまとめた記事となりますのでしっかり頭にいれておきましょう。

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの体験談

尖圭コンジローマというのはとても特徴的な症状とされているので、感染したかどうかはすぐに分かるかと思います。ですが、治療期間というのは人それぞれ、症状の度合いによって異なってくると言われています。目安があったとしても、体質によって薬があまり効かなかったり、長い時間がかかったりすると言われています。もちろんこれは尖圭コンジローマだけではなくどんな病気にも言えることですね。

尖圭コンジローマの体験談を見てどんな人がどんな原因で感染してしまったのか、また薬を使ったのか、手術をしたのか、どんな治療法をとったのか確認すると良いでしょう。そこで尖圭コンジローマを現在患っている方、感染したくないと感じている方など、自分が今何を行えば良いのか見えてくるのではと思います。

下記のページにて送っていただいた尖圭コンジローマの体験談を記載していますのでチェックしてみましょう。

尖圭コンジローマの体験談

尖圭コンジローマの原因

尖圭コンジローマというのはHPVと呼ばれるヒトパピローマウイルスが原因とされています。ただし、HPVというのはDNAウイルスとなっており、100種類以上もあるとされています。これだけある中で尖圭コンジローマの原因とされているのはHPV6型とHPV11型となっています。

多分この2つだけ覚えておくと良いと思います。私もこの2つ以外は全く知らないようなものなので。

やはり性病というだけあって、主な感染経路といったら性行為ですね。他の性病と症状は少し特徴的だとしても、原因としては同じですね。直接粘膜同士を接触させることによって感染するようです。

感染者も年々増えていってるようで、5年間で1,000人以上増えていると数字であらわれています。また、若い女性が多く感染しているのだとか。

下記のページで尖圭コンジローマの原因について詳しく分かりやすく記載しています。予防法も記載していますので、尖圭コンジローマに感染しないためにもしっかりと頭に入れておきましょう。

尖圭コンジローマの原因

尖圭コンジローマの治療

尖圭コンジローマの治療となると薬を用いての治療か、手術のみとなるようです。他の性病の場合は手術という選択肢はなかったのですが尖圭コンジローマについてはあるようですね。しかも手術だけしか治らないという状況になることもあるようです。

早めに尖圭コンジローマと見つけられれば良いらしいですが、ずっと放置している、もしくは指定された期間で薬を使用しても治らなかったという場合は手術だけとなるようですね。

それに塗り薬で治療するとしても症状の度合いによって必要な日数も異なってくるようです。症状がはっきりと分かるのは良いですが、早めに治療しないと手遅れになってしまう性病という事ですね。

下記のページで尖圭コンジローマの治療について詳しく記載しています。効果的な塗り薬、手術の方法について記載していますので、チェックしてみましょう。

尖圭コンジローマの治療

尖圭コンジローマの検査

尖圭コンジローマは症状がとても特徴的で、視認で分かってしまうためすぐに尖圭コンジローマと診断されるようです。それでは検査方法というのはあるのでしょうか。

実際、存在することはしているようですね。ですが、検査される条件としては尖圭コンジローマのイボが小さく、フォアダイスや扁平コンジローマなどの似ている症状と判別出来ない時に行われるようです。

フォアダイスというのは亀頭に出来ている小さなブツブツですね。尖圭コンジローマが発症し始めた時はフォアダイスと似ているようで、普通では違和感がないようです。

尖圭コンジローマの検査があまり行われていない理由としてはこの時点ではまだ何も違和感を持ってないためだと考えられますね。ハッキリとした尖圭コンジローマの症状がでなければ何も気付くこともないでしょうし。

尖圭コンジローマは他の性病と同じように自宅で検査したり保健所で検査したりといった方法はなく、全て病院で行われているようですね。

また、尖圭コンジローマというのは感染しても抗体が出来ないようで、血液検査が存在しないようですね。ただし、手術をする場合などは健康状態を確認するために採血をする場合もあるのだとか。

主に組織検査と遺伝子検査の2つが行われるとされています。それではどのような検査方法が存在するのか説明していこうかと思います。

組織検査

尖圭コンジローマの検査方法として、一番初めに行われる方法がこの組織検査のようです。どのような検査方法なのかと言うと、イボの一部を切り取り、そのイボがウイルスに感染しているかどうかを調べるといったものです。

麻酔も打たれるため痛みは基本的には感じないようです。想像すると少し怖いですけどね。検査を行ってから1週間~10日程度で結果が分かるとされています。

感染部位の一部を採取して検査をするというのはクラミジアや淋病であったPCR法と似ている方法と言えますね。

遺伝子検査

遺伝子検査は先程の組織検査で診断が難しいとされた場合に行われる検査のようです。ですが、ほとんどの場合は組織検査で診断されるため、まず行われない検査方法とされています。

組織検査を行って陽性ではなかったが、視認した時に尖圭コンジローマのようなイボがあるという場合は遺伝子検査が行われるようです。

組織検査と遺伝子検査で名前は異なりますが、検査方法としてはイボを採取してその中にウイルスが潜んでいるか確認するという方法なため、組織検査と全く同じ検査方法のようです。