カンジダの症状、治療法、原因、検査方法を紹介しています。体験談も記載していますので、参考にしてみましょう。

カンジダとは

カンジダとは

カンジダは最近だと治療薬がCMでも流れているので、知っている方は多いのではないでしょうか。腟カンジダ症という性病になりますね。名前だけ聞くと女性のみの症状と感じるかもしれないですが、実は男性も稀に発症してしまう事があるとされているのです。ちなみに厳密に説明するとカンジダは性病ではありません。

カンジダの薬というのは市販薬としても存在し、その他では通販だったり病院で処方だったりと、様々な場所で購入することが出来ます。これだけ多い理由というのは、発症している方が多いからだと考えられますね。

「男だから大丈夫」なんて考えていると、ふいに感染してしまうこともあるかもしれません。カンジダについて様々なサイトを見てまとめてみましたので、参考にしてください。しっかり頭に入れて予防出来るようにしましょう。

参考サイト:性器カンジダ症(ウィキペディア)

カンジダの症状

カンジダは今では5人に1人の女性が発症してしまっていると言われています。それに加えて発症して治療した方の7割が再発してしまっているのだとか。それほど女性にとってはとても身近な症状と言えますね。

もちろん症状は女性に多いというだけで女性限定というわけではありません。稀にですが男性でも発症してしまう事があるようです。なので私含め男性の方々も注意しなければなりません。ではカンジダが発症することでどのような症状が出てきてしまうのでしょうか。

下記のページにてカンジダの症状について詳しく記載しています。しっかりカンジダについて知ることでカンジダが初めて発症してしまったり、もしくは再発した時でもすぐに治療に入り、カンジダの症状を最低限抑える事が可能かと思います。

カンジダの症状

カンジダの体験談

カンジダは女性に非常に多い症状とされています。ですが、男性でも稀に発症してしまうと言われているのです。私は発症したことがなく、色々と調べていたのですが、多くは見つかりませんでした。

ですが、男女共に実際の体験談を送っていただきました。男性の体験談はかなり参考になるかと思います。私もこれを見て自分がどうするべきなのかを知りました。

下記のページにてカンジダの体験談を数多く記載しています。男女共にありますので、どんな状況でどんなタイミングで、どんな薬が一番合っていたのか。その人の目線となりますが、拝見して参考にしてみるのも良いかもしれません。自分がどうすればいいのか迷っている方は是非チェックしてみましょう。

カンジダの体験談

カンジダの原因

ガンジダというのは今や多くの女性が悩まされている症状かと言えます。主にホルモンバランスが変化してしまったり、免疫力の低下、環境の変化や常在菌のバランスが崩れたりと、総合的に見て身体の体調に少し変化が現れることで発症してしまうことがわかります。

ですが、性行為によって感染してしまうといったケースも存在するようです。そうなってくると男性だって関係ないというわけではありません。確率としては低いとされていますが0%ではないということですね。私も気を付けなければなりません。

下記のページにてカンジダの原因について詳しく記載しています。予防法も記載していますので、どちらもチェックしてカンジダの発症を防ぐようにしましょう。

カンジダの原因

カンジダの治療

カンジダの治療というのは、CMでも見たことある方もいるかもしれませんが、市販薬で行うことができます。それも種類が多くありますので、自分にあった薬を選ぶことが出来ますね。ただし、市販薬が使用出来るのは再発からとなっているようです。

なので初めてのカンジダで市販薬は使用してはいけないようですね。ですが、調べてみるとカンジダの薬というのは病院で処方してもらうのはもちろんのことですが、通販でも販売されているようなので、そちらで購入するのも一種の手かなと思います。ちなみに男性は市販薬は使えるんですかね。

下記のページにてカンジダの治療について詳しく説明しています。男女で違う治療薬を紹介しているので、自分で薬を購入して使用する際は必ず自分にあった薬を買うようにしてください。

カンジダの治療

カンジダの検査

カンジダの検査というのはどのようなものがあるのでしょうか。基本的には誰もが病院で検査を受けると思うのですが、他の性病のように保健所や自宅での検査、郵送での検査は存在するのですかね。

カンジダの検査についてまとめてみましたのでもしも「カンジダかも」と思っている方はすぐに検査を受けるようにしてください。何かあってからでは遅いですよ。

病院での検査

病院でカンジダの検査を受ける場合は基本的にはオリモノの検査のようです。採取したオリモノを顕微鏡を使ってその場で検査するようですね。見ただけでカンジダに感染しているのかどうかというのがすぐに判断出来るようです。

また、その他にも培養検査という検査方法も存在しているようで、こちらはカンジダの菌が好む栄養を採取した検体に塗ります。そこで菌が集まり集落を形成するかどうかという検査方法のようです。ここで形成された場合は陽性、されなかった場合は陰性となるようですね。

オリモノを採取する以外にも直接綿棒を膣内に入れて検体を採取する方法も取られているようです。どちらの方法を行っているのかは病院によって異なるかと思いますので、検査を受けようとしている病院に一度問い合わせてみることをおすすめします。

これは女性の場合となりますが、男性の場合はどうなるのでしょうか。男性の場合でも検査方法としては基本的には同じとなっているようです。

尿検査、もしくは尿道に綿棒を入れて検体を採取し、顕微鏡で観察するか培養検査となります。クラミジアや淋病に感染したことがある方なら分かるかと思いますが、PCR法と似たような方法となっていますね。

カンジダの病院での検査というのは基本的にこのような方法となるようです。

保健所での検査

クラミジアであれば、どの保健所でも基本的に検査を受けることが出来ましたが、カンジダとなると保健所では検査は行っていないようですね。色々と調べてみたのですが、一切出てきませんでした。

ですが、もしかしたらという事もありますので、一度近くの保健所に問い合わせてみても良いかもしれません。

自宅での検査

自宅で検査というのはそのままの意味で、カンジダの検査キットを購入し、自宅にいながら一人で検査~結果を知ることが出来るといった道具です。ですが、調べてみたところ、検査~結果まで知れるような検査キットは存在しないようですね。

クラミジアや淋病といった性病の場合は検査キットも販売されていて自宅で全て分かるのですが、カンジダの場合はまだ開発されていない状況と言うんですかね。

郵送で検査

郵送での検査というのは、自宅での検査と似ている部分があり、検体を採取する部分までは同じですが、それを指定された機関に送り、陽性か陰性かを診断してもらうといった方法です。

こちらも指定の検査キットを使用する形となるのですが、その検査方法としては同じですね。その場で結果が出るか、郵送で診断してもらうかの違いとなりますね。

郵送での検査なら、カンジダでも行われているとこがあります。調べてみるとすぐ出るので、もしこっちの方が良いなという方は調べてみても良いのではないでしょうか。