管理人が実際に性病にかかったときの体験談を紹介しています。性病に感染しないためにも、しっかりと予防は必要ですね。

管理人の性病体験談

私が過去に感染してきた性病の体験談をご紹介します。クラミジアに2回、梅毒に1回、性器ヘルペスに1回感染してきました。何故か私はだいぶ性病と縁があるようです。どれも今では完治しているのですが、性器ヘルペスだけは再発を繰り返す恐れがあるので注意しなければなりませんね。

これから紹介する体験談で、私が経験したきたもの以外にも感染する原因があったり、治療方法、治療薬など様々存在します。病院で治療するのか通販を利用して薬を購入し治療するのかも異なってくるかと思います。私の場合はほとんどが病院で治療となりましたが、同じ性病が2回目の場合だと通販を利用し薬を購入して治療しています。

私の体験談で何か参考になるかは分かりませんが、こういう原因で感染し、こうやって治したのかなど、1つの例として見ていただけると幸いです。

なお、服用した薬などを記載していますが、各医薬品の服用や効果は、当サイトでは一切の責任を負うことができません。何卒ご了承のほど、お願いいたします。

クラミジアの体験談

梅毒の体験談

性器ヘルペスの体験談

クラミジアの体験談

クラミジアの体験談|管理人の体験談

私は過去に2回もクラミジアに感染した経験を持っています。原因としてはどちらも風俗です。基本的には男性の方にのみしか参考にはならないかと思いますが、参考にしてくれるとありがたいですね。

クラミジア感染まで

私がクラミジアに感染した当時というのは、普通にサラリーマンをしていました。今ではもう辞めてしまった会社ですが。当時は別に趣味もなく、平日に時々同僚と飲みに行ったりしていました。締めとして飲み終わりは風俗で遊ぶというのがその頃はちょっとしたブームになっていましたね。唯一の趣味といったらこの辺なんでしょうか。

ある日、仕事も早く終わり同僚と飲みに行きました。他愛もない話をしてその後もやはり風俗へ行きました。その時にちょっとミスを犯してしまったのです。いつもよりも若干安い風俗に行ってしまったのです。それがクラミジアに感染してしまった原因なのかは分かりませんが、もしかしたら関係はあるのかもしれないですね。

まぁ事は終わり、スッキリしたところで私と同僚はお互いの家へ帰っていきました。そこから2日くらいでしょうか。少し痒みが出てきたのです。今よりも性病に対しての知識はなくとも、クラミジアという存在は知っていました。ですがこれがクラミジアの症状だなんて思ってもいませんでした。

尿道炎の症状が発症

しばらく日が経つとか痒みから痛みに変わってきたのです。とはいってもそこまで酷いものではありませんでした。排尿時にちょっとした痛みがくるくらいだったので、ここでクラミジアだなんては思わず、普通に過ごしていました。

そのうち治るだろうと思っていたのですが中々治ってくれません。放置しているため、状況はさらに悪化し痛みが少しずつ強くなっていきました。

病院で完治

痛みが気になるようになりいつもと違うと確実に分かったため、会社を休んで病院へ行くことを決意しました。ちなみに会社には性病かもしれないので病院へ行きますと正確には伝えていません。

病院へ着き、診断してもらうとクラミジアと言われました。最初言われた時はびっくりしましたね。まさか自分が感染するなんてと。そこではじめて口から性器へ感染するという事を知りました。

どうやって治るのか、最悪手術にでもなるのかななんて思っていたのですが、今では治療薬を服用するだけで治るようで、クラビットという薬を処方されました。その薬を1週間服用したら今まで出ていたクラミジアの症状もすっかりなくなったのです。ですが、調べてみると完治しないと再発する恐れがあるというので、症状がでなくなった時にもう1度病院へ検査しに行きました。

そこでの結果は陰性と出たので、これでクラミジアを完治出来たと言えますね。無事にクラミジアを完治させることが出来たので良かったですが、この時はまだ甘い考えでした。さほどクラミジアについて考えていなかったのでもう1度同じミスを犯してしまいます。

2度目の感染

1度目のクラミジアの感染から2年程経った時、私はなんとなくで風俗へ行きました。それも1度目の感染と同じように平均から見ると安い店ですね。1度目の感染で学んでいればよかったのですが、そこまで私も頭がよくなかったです。

スッキリして帰り、2日程経つと、また性器に痒みが現れるようになりました。ですが、1度クラミジアに感染している私はすぐにクラミジアかな?と分かるようになりました。ここで経験が物を言うのです。

ですが、その時は仕事が忙しく、病院へ行く暇なんて一切ありませんでした。平日はもちろん土日も朝から夜までずっと仕事だったのです。

通販で薬を購入

仕事で忙しくしている中でクラミジアを治すというのは至難の業です。どうにかして治さなければと思い、治療方法をネットで探しているとクラミジアの薬を通販で購入出来ると知ったのです。

しかも私が1度目に感染した時に処方してもらったクラビットという薬が販売されていたのです。ということはもう1度この薬を購入して使用することでクラミジアも簡単に治せるのではと考えました。しかし通販ではジェネリック医薬品という薬が販売されていました。これは簡単に説明すると成分が一緒で安い薬ですね。

つまり、クラビットと同じ効果や飲み方なのにクラビットよりも安いという薬です。出来るだけ節約したいと思っていた私は、クラビットではなく、クラビットのジェネリックであるエルクインという薬を購入しました。

注文して1週間くらいでエルクインが届きました。私はクラミジアをすぐに治すために届いてすぐにエルクインを飲み始めました。やはり効果はクラビット同様でかなり強力らしく、1週間くらいで治療を終えることが出来たのです。

また、エルクインを購入する時に同時にクラミジアの検査キットも買っていたのでエルクインの服用期間後に検査を行い、陰性と表示されました。

それからはクラミジアは結構なスパンで感染する可能性があると分かり、しっかり予防を行うようになりました。また、検査キットも定期的に購入し、風俗の後や性行為の後などは感染していないか検査するようにしています。


梅毒の体験談

梅毒の体験談|管理人の体験談

私は1回目のクラミジアになった後、梅毒にも感染してしまったことがあります。こちらの原因はクラミジアとは異なり、ワンナイトの相手から感染してしまったのです。1度目のクラミジアから約3ヶ月程度の期間を空けての感染でした。

梅毒に感染した経緯

クラミジアに初めて感染した私はそのことについて一緒に風俗へ行った同僚へ話してみました。そうするとだいぶ謝られたのですが、まぁ私としても治った時には笑い話となったので別にそこまで怒ってもいませんでした。

いつものように仕事の毎日を送っていると合コンを開きたいと同僚から言われました。私もまぁ出会いがあるのであればと思いそこに参加したのです。

同僚が知り合いの女性に声をかけてくれて順調に合コンの話が進みました。そして当日、特に問題もなく会は盛り上がりました。その中で特に私と話が合う方がいて仲良くなりました。普段はこんなことしないのですが、お酒の勢いもあってか、ワンナイトを狙ってみようという気になってしまったのです。

そして我ながら作戦は上手く行き、ラブホテルまでたどり着くことが出来ました。事も済んで翌日には同僚からその後はどうだったのかを聞かれましたね。その後といっても別に一切連絡をとっていないというわけではないのですが、性行為自体はそれが最初で最後でした。

合コンの日から1ヶ月後くらいでしょうか、急に股間に違和感を覚えるようになりました。前にクラミジアになったことがある私はすぐに違和感を察知することが出来たのです。またクラミジアに感染したか?と思ったのですが違いました。クラミジアだったらさすがにもっと早く症状が現れているはずです。

当時はまだクラミジアの知識が少しだけある程度だったので、梅毒の事は一切知りませんでした。最近性行為をしていなければ風俗にも行ってないのになと思い、ただの勘違いかな?と考えていました。

ですが、この違和感は消えることがなかったのです。ちょっとずつ性器に異変が現れるようになりました。前にはなかったしこりのような塊が性器に出現してきたのです。この塊を発見した時に何か様子がおかしいというのは実感しました。今までに見たことのないような病気に感染してしまっているのではないかと。

徐々に大きくなっていることが分かり、同時に不安も大きくなっていったのでさすがに病院へ向かう事となりました。病院へ行き、診てもらうと梅毒と診断されたのです。初めて聞く名で最初はよく分かりませんでした。

話を聞いてみると昔流行っていたという事、最近激増しているという事、放置することで最悪の場合、死に至ってしまうということでした。私の場合はかなり早めの段階で見つけられたということだったので良かったのですが、一切気付かないという場合はギリギリの治療になることもあるようです。

アモキシシリンを処方

病院で梅毒と診断され、薬を処方されました。今調べてみると梅毒には注射1本で治す事も出来るようなのですが、病院で違うのか症状で違うのか、私の場合は内服薬を処方されて治療する形をとられました。1日に何回か飲まなければいけないのが割と面倒くさかったですね。

アモキシシリンは抗生物質のようなので、ひどい副作用を出さないためにも一緒に処方された整腸剤も服用していました。そのおかげなのか分かりませんが、副作用も出さず比較的安全に服用することが出来ましたね。

5日程度でしこりのような塊も消えて、もう1度検査を受け、完治を確認できました。治療の中で嫌だったというのは強いて挙げるのであれば服用回数ですかね。私は薬の飲み忘れが結構多いのでしっかりケータイで飲む時間にアラームを設定していました。そのおかげ飲み忘れもなく梅毒を治療することが出来ました。

ジスロマックであれば飲み忘れもそこまで心配する必要もないようなのですが、梅毒に関してはアモキシシリンが一番効くようなのでしょうがないですね。

これが私の梅毒になった体験談です。今までの中で梅毒に感染したというのは1度きりです。それもかなり早くの発見だったのでそこまで酷い症状が現れたという事でもありませんでした。やはり性病は早期発見早期治療が大事と言われているので、何か異変を感じたらすぐに検査を受けるのが良いですね。


性器ヘルペスの体験談

性器ヘルペスの体験談|管理人の体験談

当時、私は友人からの紹介によって仲良くなった女性と付き合っていました。付き合ってから半年くらいでしょうか、性行為から1週間程経つと感じたことのあるような違和感が出てきたのです。

過去にクラミジアを2回、梅毒を1回経験している私からすれば、これは紛れもなく性病に感染したというのは確実でした。ですが、何かこれまでの性病とは違う感覚がありました。

痒みが出てきたのは同じだったのですが、不快感のような感じがありました。今までとは若干違うような感覚でしたね。この時、性器に赤いぶつぶつのようなものが発症していたようでそこから水ぶくれに進行していたみたいです。そんなことに私は一切気付くことはありませんでした。

時間が経つと出来た水ぶくれが潰れ、そこでようやく性器に変なものが出来ていると気付きました。さすがにこれは自分でも初めての症状だったので、不安になり病院へ行きました。

病院で受けた治療

病院へ行き、診断されたのが性器ヘルペスでした。性行為が原因とされているようなのですが、彼女以外とは誰ともしていませんでした。となると原因というのは彼女だけとなります。ですが、それまでは一切こんなことならなかったのになぜ今回だけなのか。

彼女が元々性器ヘルペスを持っていて私が感染しなかっただけか、他の男性から性器ヘルペスに感染し、そこから私に感染してしまったのか。いずれも彼女が性器ヘルペスを発症しているということは確実でした。

ですが、そんなことを問いただす前に治療が必要だと思い、病院で治療を受けました。その時に処方された薬がバルトレックスという薬です。内服薬で言われた期間内ずっと服用し続けました。

2週間程度バルトレックスを服用していたことで性器ヘルペスは完治させることが出来たのです。早めの段階で気付いて治療したので良かったですね。忘れる前にと思い、彼女にこの事を伝えてみました。すると実は浮気をしていたとそこで知りました。他の男性から性器ヘルペスを持ってきてしまったのかもしれないと伝えられたのです。

ちなみに彼女とはこれから1週間程度で分かれてしまいました。まさか性器ヘルペスがきっかけで別れるだなんて私もびっくりですね。

性器ヘルペスの再発

性器ヘルペスは再発を繰り返しやすい性病とされているのです。現時点では私はまだ再発はしていないのですが、体調を崩して免疫力を低下させたりしてしまうと再発する可能性があるのだとか。

ですが、いつ再発してしまっても構わないように予め性器ヘルペスの治療薬はストックとして持っています。処方された薬と同じバルトレックスをストックしてあります。一般的には購入できないようなのですが、通販を利用することで私も購入できたので、欲しいという方は通販を利用すると良いかもしれないですね。