梅毒の治療ということで一番効果的な薬はアモキシシリンです。アモキシシリンについて詳しく説明しています。

梅毒の治療

淋病の治療

梅毒の治療というのは日本と海外では異なってくるのです。基本的に梅毒の治療というのは手術などは行っておらず、日本の場合は薬の投与で治療する形となります。海外だとペニシリンGという成分で筋肉注射を打っての治療のようですが、日本の場合はペニシリンGが使用出来ないらしく、薬を服用しての治療のようですね。

私が梅毒に感染した際も、病院から薬を処方され、指定通りに飲み続けたことで治しました。

また、梅毒に効く薬というのは調べてみたところ、病院だけではなく通販でも購入出来るそうです。なので、もしも病院へ行くのが面倒だという方や、何らかの理由で病院へ行くことが困難という方の場合は梅毒の治療薬を通販で購入するのも良いかもしれないですね。

私は梅毒ではないですが、クラミジアの薬を通販で購入したことはあります。特に問題もなく届き、簡単にクラミジアを治すことも出来たので心配はいりませんね。

検査キットも販売されているようなので一緒に買ってみるのも良いかもしれないですね。

梅毒の治療薬

梅毒の治療というのは先程も説明した通り、日本の場合は薬を服用して治療する形となります。海外のようにペニシリンGという抗生物質を筋肉注射で打てるまでは代用として薬を服用する治療となっているようです。

私も経験はありますが、何の支障もなく梅毒を完治させることができました。なので海外よりも治る確率が低いなんてこともなさそうですね。

また、梅毒の治療薬を用いて治療の際、治療期間というのが症状の度合いによって変わってくると言われています。梅毒の第一期であれば2週間~4週間、第二期であれば4週間~8週間、第三期、第四期の場合は8週間~12週間となっています。

梅毒に効果的とされている薬は何種類か存在するのでそれぞれを説明していこうかと思います。もしも通販で購入する場合は自分に合った薬を選ぶようにしてください。

アモキシシリン

アモキシシリン

アモキシシリンとはペニシリン系に分類される抗生物質です。梅毒にはこのペニシリン系が一番効果的とされており、梅毒の感染者が急増する前から使用される事が多かった薬がペニシリン系です。

アモキシシリンというのは成分名となっており、製品名で言うとサワシリンカプセル、サワシリン錠、パセトシンカプセル、パセトシン錠など様々あります。

アモキシシリンは梅毒のみに対して効果的というわけではなく、様々な感染症に効果的ともされています。私が処方されたのもこのアモキシシリンで、梅毒ということで病院へ行くとかなりの確率で処方されるものなのではないでしょうか。

ただし、アモキシシリンは抗生物質特有の副作用である胃腸系の副作用があらわれることがあります。中でも一番多いとされているのが下痢です。といっても私は副作用という副作用はなかったですね。

アモキシシリンと一緒に整腸剤を処方してもらったのですが、そのおかげかもわからないですね。もしくは体質的にそこまでだったのか、どうかは分かりませんが、比較的安全に服用することができました。

ちなみに成人よりも小さな子どものほうが下痢を起こしやすいようです。成人でも下痢が酷い時もあり、時々血便がみられることもあるようで、そのような時には医師に相談するようにしましょう。

アモキシシリンは調べてみると通販で購入出来るそうですね。病院に行くのが恥ずかしいという方などは通販でアモキシシリンを購入して梅毒を治療するのも一種の手でしょう。

>> アモキシシリンを購入する(外部リンク)

参考サイト:アモキシシリン(おくすり110番)

ビクシリン

ビクシリン

ビクシリンという薬は主成分にアンピシリンという成分を使用している薬です。ビクシリンもアモキシシリンと同じでペニシリン系の抗生物質となっています。

そのため、梅毒にはとても効果的と言っても良いでしょう。もちろん、梅毒意外の感染症に対しても効果を発揮する事はあります。

安全性の高い薬とされていて、基本はカプセルタイプなのですが、子供向けに作られたシロップ用のものまであります。

ただし、ビクシリンを服用してまれにアレルギー反応を起こしてしまう方がいるようです。安全性が高いからといって必ず副作用を起こさないというわけではないですね。

今までに何らかの薬を服用してアレルギー症状を出した事がある場合はビクシリンを飲む前に必ず医師に相談すると良いでしょう。

また、ビクシリンはアモキシシリンなどと同じで抗生物質となっているので、副作用もアレルギー反応以外に下痢が出やすくなっています。

成人の方よりも子供の方が起こしやすいとされています。その人の体質によっては発疹がみられたり、発熱が発症してしまったりもするようです。

ですが、かなり稀な副作用となっているので、そこまで心配する必要もなさそうですね。もしもこれらの副作用が発症してしまったり、下痢が治らない、血便が発症したという場合はすぐに医師へ相談すると良いでしょう。

ビクシリンも調べてみると通販で購入出来るようですね。アモキシシリンが合わないという方などはビクシリンを購入するのも良いかもしれません。

>> ビクシリンを購入する(外部リンク)
※リンク先はジェネリック医薬品のページとなります

参考サイト:アンピシリン(おくすり110番)

ミノマイシン

ミノマイシン

ミノマイシンはミノサイクリン塩酸塩を主成分として含んでいる薬となっています。アモキシシリンやビクシリンと同じ抗生物質となっていますが、ペニシリン系ではなくテトラサイクリン系の抗生物質となっているのです。

それじゃあ効かないのでは?と思うかもしれないですが、ミノマイシンの添付文書にも梅毒、梅毒トレポネーマに効果があるとしっかり記載されています。

クラミジアや淋病にも効果があるとされているミノマイシンですが、梅毒にも効果があるなんてすごい幅広い薬ですね。

ただ、梅毒ということでミノマイシンを処方するというのはあまりありません。アモキシシリンやビクシリンといったペニシリン系の抗生物質のほうが効果的なので、まずミノマイシンを梅毒治療に用いるといったことはないようです。

確かに効果はあると記載はされているのですが、ペニシリン系に比べるととても高い効果というのは見込めないんでしょうかね。クラミジアや淋病でもミノマイシンは一番最初に処方されるような薬ではないようなのです。

ミノマイシンは確かに幅広い効果を持っている薬だと思いますが、それ故にどの症状に対しても同じ程度の効果という感じなんでしょうか。

私自身がミノマイシンを使用したことがありませんので、なんとも言えませんが、ペニシリン系で効果がなかった時にミノマイシンを使用するのが良いのかもしれないですね。

>> ミノマイシンを購入する(外部リンク)
※リンク先はジェネリック医薬品のページとなります

参考サイト:ミノサイクリン塩酸塩(おくすり110番)