淋病の治療というのは抗生物質を使用します。淋病にとても効果的とされている抗生物質を多数紹介します。

淋病の治療

淋病の治療

近年では増加傾向にある淋病ですが、治療法といったのはどんなものがあるのでしょうか。私も調べる前は最終的には手術になるのかな?なんて思っていたのですが、実際はそんなことなく、抗生物質を用いて使用するようです。

同じ性病クラミジアと同じような薬で治療することも出来るのですが、現在では注射で抗生物質を直接投与して治療するといった方法が主となっているようです。

これは淋病の原因である細菌、淋菌が薬剤耐性淋菌として感染を広げているためです。クラミジアと同じ治療薬を服用しても淋病には一切効果がないという事態が多くなっているようです。なので、クラミジアと淋病を同時に感染してしまっている方の場合、どちらもそれぞれの薬を服用しなければならない事態になるかもしれません。

その辺は病院へ行って医師に相談してみなければ何も分かりませんね。

私自身、淋病に感染したことはありませんので、このような方法はとられたこともないですが、様々なサイトを拝見して淋病の治療についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

もしも注射が怖いという方であっても、薬を服用するといった治療法も存在はしているのでそちらで治療するのも良いかと思います。

また、病院へ行くのが嫌だという方であれば通販を利用して淋病の治療薬を購入すれば問題なしかと思いますので通販を利用するのも一種の手でしょう。では淋病の治療方法について説明していこうかと思います。

注射で抗生物質を投与

注射で抗生物質を投与

淋病の治療という事で現在病院で主にとられている処置というのはこの注射で抗生物質を直接投与するといった治療法のようです。

投与する抗生物質というのはセフトリアキソンとスペクチノマイシンという抗生物質です。

保険が適用されるのはこの2つのみとなっており、効果も高いとされています。注射が怖いという方は一定数いるかと思いますが、淋病を確実に治せるというのであれば我慢してこの治療法を受ける事をおすすめします。

セフトリアキソン

セフトリアキソンは淋病の治療という事で定番ともされているほど有名な薬のようです。私は淋病に感染したこともありませんので、調べるまでは名前も聞いたことないレベルでした。

この薬のすごいところは1回投与するだけで性器に感染した淋病の他にも喉に感染してしまった淋病を30%~70%の確率で治してくれるという点です。

なので性器と喉、どちらにも感染しているという方でも1回セフトリアキソンを投与するだけでどちらも治す事が出来るのかもしれないですね。

セフトリアキソンは淋病以外にも中耳炎や肺炎など、様々な感染症に効果的とされており、良く用いられているようです。基本的に投与方法としましては点滴か筋肉注射となっているので、人によってはあまり見たことがない薬なのかもしれません。

セフトリアキソンは注射となっているので、当然ですが通販で購入するといったことは出来ないようですね。なのでこの方法で淋病を治したいという方であれば病院へいって処置してもらいましょう。

参考サイト:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%82%BD%E3%83%B3

スペチクノマイシン

淋病の治療としてセフトリアキソン以外にスペクチノマイシンを投与する方法もあります。こちらは基本的にセフトリアキソンが使用できない場合に用いられるようです。

セフトリアキソンでアレルギー反応が起きてしまうといったこともあるようで、そのような方にはこちらのスペクチノマイシンが良いらしいですね。その他にもペニシリンにアレルギー反応を起こしてしまう方にも投与されるようです。

ただ、スペクチノマイシンはセフトリアキソンと比べるとさほど効果はないようです。なのでクラミジアの治療薬としても使用されているジスロマックなどと併用することが多いのだとか。

多分こちらは病院によるかと思うので、その病院に合った処置をとってくれるのかと思います。

また、スペクチノマイシンの注射はお尻から刺すようで、かなり痛みがあるらしいです。これなら治療薬の服用の方が私的には気が楽かもしれないですね。

参考サイト:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3

淋病の治療薬

淋病の治療は先程のような注射で抗生物質を直接投与するといった方法が一番とされていますが、中には注射が苦手という方もいるでしょう。

治療方法としましては注射のみではなく、治療薬を服用することで完治させることも可能のようです。なの注射が嫌だ、怖いなどと感じる方は治療薬を服用して完治させる方が良いかもしれないですね。

淋病の治療薬と言ったらクラミジアの時とほとんど同じとされていますが、薬剤耐性淋菌が増えてきた今、クラミジアの時と同じクラビットは使用しない方向となっているようです。通常の淋菌であればクラビットでも効果的とされているようなのですが、薬剤性淋菌に使用しても一切効果がないようです。

薬剤耐性淋菌に対してクラビットが分類されているニューキノロン系、セフテム、ビブラマイシンなどの薬は無効な事が多いとされているのです。通販で薬を購入するという方は私も含めて、しっかり覚えておかないといけないですね。

それではどんな薬が淋病に対して効果的なのか、それぞれ説明していこうかと思います。通販で購入を考えている方は下記で紹介する薬を購入すると良いかもしれないですね。

ジスロマック

ジスロマック

ジスロマックはアジスロマイシンを主成分として含んだ薬になっています。クラミジアにも効果的とされている薬ですが、淋病にもとても効果を発揮してくれるとされています。

スペクチノマイシンを投与する際は、ジスロマックも一緒に服用することで淋病を完治させるのだとか。それほど淋病に対してジスロマックというのは良く用いられているのです。

ジスロマックの最大の特徴としては副作用の少なさです。ジスロマックが分類されているマクロライド系という薬は副作用が少ないとされているのです。多くのサイトでも謳っているように、ジスロマックというのは効果が強いのに副作用はかなり少なくなっているという特徴があります。

3日間ジスロマックを服用することで効果が1週間も続いたりと、飲み忘れる可能性がある方にとってはとても嬉しい効果ですね。それでいて副作用もほとんどないので、子供でも安心して飲める薬となっています。

私はジスロマックは使用したことはなく、クラミジアを治療した時の薬はクラビットでした。正直、ジスロマックという薬の存在をもっと早く知っていればクラビットよりもジスロマックを選んでいましたね。

薬剤性淋菌が増えてきてクラビットが効かないかも?とされている現在でも、ジスロマックなら淋菌に対して効果的とされているので、注射が苦手という方でも簡単に淋病を治すことが出来るのではないかと考えられます。

ジスロマックは通販でも購入することができ、ジェネリックも販売されています。ジェネリックであれば通常よりもかなり安く、同じ効果を得られるのでとてもお得と言えますね。ちなみに私はクラビットとクラビットジェネリックどちらも使用したことがありますが、違いというのは分かりませんでした。

同じ成分を使用しているようなので効果や副作用、飲み方など全て同じで安いというだけの薬ですね。安く済ませたいという方であればジェネリックを購入するのも良いのではないかと思います。

参考サイト:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6149004.html

クラリスロマイシン

クラリスロマイシン

クラリスロマイシンはジスロマックと同じくマクロライド系の薬となっています。商品名で言うとクラリスやクラリシッド、クラリス錠などで消費者の手に渡っているようです。

ジスロマックと同じく、私はクラリスロマイシンを使用したことはありません。ですが、様々なサイトを見てみるとマクロライド系という事だけあって、副作用というのはかなり少ないようですね。

効果はジスロマックほどではないとしても、副作用に関しては同じくらい少ないようなので、ジスロマックが合わない、使用できないという方の場合はクラリスロマイシンを使用するのも良いかもしれないですね。

クラリスロマイシンという薬を初めて聞いたという方も少なくはないでしょう。私も調べるまでは一切知らない薬でした。ですが、クラリスロマイシンは性病以外にも多く使用されているようで、中耳炎の薬などにもなっているようです。

副作用の少なさから、子供でも服用できるようにドライシロップ錠のものなどもあり、効果の信用性、安全性共に高い薬と考えられますね。

クラリスロマイシンも通販で購入出来るようなので、もしもジスロマックじゃない他の薬が良いという方は使用してみるのも良いのかもしれません。

参考サイト:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6149004.html

ミノマイシン

ミノマイシン

ミノマイシンとはミノサイクリンを主成分として含んでいる薬となっています。病院で処方される機会も少なく、まず目にしたこともなければ聞いたこともないという方が多いでしょう。

ですが、セフィム系の薬に対してアレルギー反応を起こしてしまうという場合であればミノマイシンが処方されることもあります。

積極的に使用される薬ではないので、さほど見る機会もありませんが、淋病への効果としてはしっかりあるとされている薬です。

ちなみにスペクチノマイシンの投与と一緒にジスロマックが処方されると説明しましたが、ジスロマックではなくミノマイシンが処方されるという事もあるようです。

正直、ミノマイシンについて調べていて、ジスロマックなどと比べてみたらまず選択する薬ではないかなといった印象です。もしもミノマイシン以外の薬が合わないという方であれば使用するのも良いかもしれないのですが、そうでなければジスロマックを使用したほうが良いかもしれないですね。

参考サイト:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6152005.html