ヘルペスを治療するための一番最適な薬を紹介します。何種類かあるため、自分にあった薬を使用しましょう。

ヘルペスの治療

ヘルペスの治療

ヘルペスの治療というのは基本的には抗ヘルペス薬を服用する形となっています。ですが、これは軽度の症状、もしくは初感染の場合のみとなっているようで、重度な症状であったり、免疫不全患者の場合は抗ヘルペス薬を用いて点滴を行って治療をする形となっているようです。

私の場合は初感染という事だったので、抗ヘルペス薬の服用で治療する形となりました。今までヘルペスということで治療を行った方はほとんどが服用する形の治療方法なのではないでしょうか。私もさほどヘルペスというものに詳しくはなかったので、調べるまでは点滴での治療法というのは知りませんでした。

相当な事がなければ点滴の治療法というのはとられないかと思います。ヘルペスは再発したとしても自然治癒することもあります。ですが、絶対に勝手に治るとは限りません。念のためにヘルペスの治療薬はストックしておいたほうが良いと言えるでしょう。

実際に私もまだ再発はしていないですが、その時のためにヘルペスの治療薬というのは通販で購入してストックしてあります。通販で購入する以外にも薬局やドラッグストアで販売されている薬もありますので、1度ヘルペスに感染したことがあるという方は念のために治療薬をストックしておくことをおすすめします。

ヘルペス治療薬

ヘルペスの治療薬というのは様々存在します。私も何が一番良いのかわからなかったので、病院で処方された薬と同じバルトレックスを通販で購入してストックとして持っています。

ヘルペスに対して薬を使用する利点としては、ヘルペスの原因である単純ヘルペスウイルスの増殖を止め、症状を最小限に留めてくれるという点です。ヘルペスが再発してたとえ自然治癒する可能性があったとしても、絶対に悪化しないというわけでもありません。感染が進行して症状が悪化してしまった場合、治療薬では治せなくなる可能性だってあるのです。

それを考えるとヘルペスが再発してしまった場合は治療薬を使用したほうが良いと考えられますね。どんな薬でも、それぞれ人によって合う薬、合わない薬というのが存在するかと思いますので、必ず自分に合った薬を使用するようにしましょう。

ヘルペスの治療薬というのは病院はもちろん、薬局やドラッグストア、通販で購入するなど、様々な購入方法がありますので、自分が利用しやすい方法で購入すると良いでしょう。

ヘルペスの治療薬として有名な薬をそれぞれ説明していこうかと思います。

バルトレックス

バルトレックス

バルトレックスというのは主成分にバラシクロビルを含んだヘルペスに対して効果的とされている薬です。実際に私が性器ヘルペスに感染した時もこの薬を処方され、治療しました。幹部に塗るクリームではなく、服用タイプとなっています。

病院で処方されたほどなので、かなりヘルペスに対して効果的と言える薬なのではないでしょうか。調べてみると、服用することで体内のヘルペスウイルス自体に働きかけるため、口唇ヘルペス、性器ヘルペスどちらにも使用出来るようですね。ウイルスの増殖を抑える形となりますので、感染初期の段階で使用するとより高い効果が得られるとされています。

副作用は他の薬と比べると少ないほうとされています。出るとしたら下痢、吐き気といった胃腸系の症状やめまい、眠気、頭痛、発疹などの症状とされています。ただし、服用する量を間違えて多くしてしまったという場合は思わぬ副作用を招いてしまう危険性があると言われています。

私の場合は副作用が一応出はしたのですが、それほど大きな症状ではありませんでした。少し下痢っぽくなった程度でしたね。多くの方が副作用をそれほど実感しない薬なのではと感じます。

バルトレックスは基本的に病院で処方される薬ですが、通販でも購入ができます。私も最初は病院で処方され、ストックとして通販で購入しました。別に通販が違法などそういうものではありませんので、病院へ行くのが面倒などと思う方は通販で購入するのも良いかもしれないですね。

参考サイト:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se62/se6250019.html