ヘルペスを治療するための一番最適な薬を紹介します。何種類かあるため、自分にあった薬を使用しましょう。

ヘルペスの治療

ヘルペスの治療

ヘルペスの治療というのは基本的には抗ヘルペス薬を服用する形となっています。ですが、これは軽度の症状、もしくは初感染の場合のみとなっているようで、重度な症状であったり、免疫不全患者の場合は抗ヘルペス薬を用いて点滴を行って治療をする形となっているようです。

私の場合は初感染という事だったので、抗ヘルペス薬の服用で治療する形となりました。今までヘルペスということで治療を行った方はほとんどが服用する形の治療方法なのではないでしょうか。私もさほどヘルペスというものに詳しくはなかったので、調べるまでは点滴での治療法というのは知りませんでした。

相当な事がなければ点滴の治療法というのはとられないかと思います。ヘルペスは再発したとしても自然治癒することもあります。ですが、絶対に勝手に治るとは限りません。念のためにヘルペスの治療薬はストックしておいたほうが良いと言えるでしょう。

実際に私もまだ再発はしていないですが、その時のためにヘルペスの治療薬というのは通販で購入してストックしてあります。通販で購入する以外にも薬局やドラッグストアで販売されている薬もありますので、1度ヘルペスに感染したことがあるという方は念のために治療薬をストックしておくことをおすすめします。

ヘルペス治療薬

ヘルペスの治療薬というのは様々存在します。私も何が一番良いのかわからなかったので、病院で処方された薬と同じバルトレックスを通販で購入してストックとして持っています。

ヘルペスに対して薬を使用する利点としては、ヘルペスの原因である単純ヘルペスウイルスの増殖を止め、症状を最小限に留めてくれるという点です。ヘルペスが再発してたとえ自然治癒する可能性があったとしても、絶対に悪化しないというわけでもありません。感染が進行して症状が悪化してしまった場合、治療薬では治せなくなる可能性だってあるのです。

それを考えるとヘルペスが再発してしまった場合は治療薬を使用したほうが良いと考えられますね。どんな薬でも、それぞれ人によって合う薬、合わない薬というのが存在するかと思いますので、必ず自分に合った薬を使用するようにしましょう。

ヘルペスの治療薬というのは病院はもちろん、薬局やドラッグストア、通販で購入するなど、様々な購入方法がありますので、自分が利用しやすい方法で購入すると良いでしょう。

ヘルペスの治療薬として有名な薬をそれぞれ説明していこうかと思います。

バルトレックス

バルトレックス

バルトレックスというのは主成分にバラシクロビルを含んだヘルペスに対して効果的とされている薬です。実際に私が性器ヘルペスに感染した時もこの薬を処方され、治療しました。幹部に塗るクリームではなく、服用タイプとなっています。

病院で処方されたほどなので、かなりヘルペスに対して効果的と言える薬なのではないでしょうか。調べてみると、服用することで体内のヘルペスウイルス自体に働きかけるため、口唇ヘルペス、性器ヘルペスどちらにも使用出来るようですね。ウイルスの増殖を抑える形となりますので、感染初期の段階で使用するとより高い効果が得られるとされています。

副作用は他の薬と比べると少ないほうとされています。出るとしたら下痢、吐き気といった胃腸系の症状やめまい、眠気、頭痛、発疹などの症状とされています。ただし、服用する量を間違えて多くしてしまったという場合は思わぬ副作用を招いてしまう危険性があると言われています。

私の場合は副作用が一応出はしたのですが、それほど大きな症状ではありませんでした。少し下痢っぽくなった程度でしたね。多くの方が副作用をそれほど実感しない薬なのではと感じます。

バルトレックスは基本的に病院で処方される薬ですが、通販でも購入ができます。私も最初は病院で処方され、ストックとして通販で購入しました。別に通販が違法などそういうものではありませんので、病院へ行くのが面倒などと思う方は通販で購入するのも良いかもしれないですね。

参考サイト:バラシクロビル塩酸塩(おくすり110番)

バルシビル

バルシビル

バルシビルはバルトレックスと同じバラシクロビルを主成分として含んだ薬です。主成分が同じなので効果や副作用、飲み方などは全てバルトレックスと同じとされています。ですが、なぜ名前が違うのでしょうか。

それはバルシビルはバルトレックスのジェネリックだからです。ジェネリックというのは簡単に説明すると、新薬という一番初めにその成分で登場した薬があります。バラシクロビルの場合はバルトレックスです。その新薬と成分や効果副作用、飲み方、全てにおいて同じとされていながら新薬よりも安いという薬ですね。

なので新薬の効果をもっと安く欲しいという方はジェネリックをよく購入したりしているそうです。調べてみるとバルシビルは病院では処方されず、通販のみでしか購入出来ないようですね。バルトレックスよりも安くて同じ効果であれば、私もこっちの方が良かったかもと思ってしまいます。

バルトレックスを購入する前に知っておけば多分バルシビルを買っていましたね。なので、バルトレックスが高い!と思う方はバルシビルを通販で購入するのも良いかもしれないですね。

参考サイト:バラシクロビル塩酸塩(おくすり110番)

アラセナS

アラセナS

ゾビラックスとは違いアラセナSは市販薬として販売されている薬ですね。ビダラビンを30mg含んだ薬となっています。口唇ヘルペスがよく再発してしまうという方はアラセナSの存在を知っていたりするのではないでしょうか。市販薬という事なので、薬局やドラッグストアで誰でも購入することができます。ただし、薬剤師のいる薬局やドラッグストアでないといけません。

クリームタイプと軟膏タイプの2種類があり、自分に合った方を使用すると良いでしょう。ただし、アラセナSは性器ヘルペスには使用されないようです。性器ヘルペスには塗り薬が処方されることもあるようなのですが、服用タイプの方が効果も高いようで、アラセナSは口唇ヘルペスという認識で良いかもしれないですね。

口唇ヘルペスで悩んでいるという方ならアラセナSは効果的とされているので常備薬として持っておくのも良いかもしれません。

参考サイト:ビダラビン(おくすり110番)

ヘルペシアクリーム

ヘルペシアクリーム

ヘルペシアクリームはアラセナSと同じで市販薬として販売されている薬となっています。こちらも薬剤師のいる薬局やドラッグストアでないと購入することが不可能となっています。

ヘルペシアクリームに使用されている主成分というのはアシクロビルとなっています。服用タイプではなく、クリームタイプとなっています。そのため、基本的には口唇ヘルペスのみの使用とされています。唇以外の部位には使用しないでくださいと記載されていますね。性器ヘルペスには服用タイプのゾビラックスが一番なのかもしれないですね。

ヘルペシアクリームは口唇ヘルペスの中でも再発のみの適用とされています。なぜ口唇ヘルペスの再発のみなのかという質問に対し、答えは初期感染の場合は自分では分からず、症状が重症化してしまう場合もあるが、再発を繰り返す方の場合は自分ですぐに分かるためと回答されています。

これは公式ホームページで分かることなので気になる方はチェックしてみると良いでしょう。すぐに口唇ヘルペスの薬は欲しいけど病院は嫌だという方は薬局やドラッグストアでヘルペシアクリームを購入しても良いかもしれないですね。

参考サイト:アシクロビル(おくすり110番)

ゾビラックス

ゾビラックス

ゾビラックスとはアシクロビルを主成分として含んでいるヘルペスに効果的な薬です。私はこの薬は見たこともなければ聞いたこともありませんでした。ですが、ヘルペスの薬としては割と有名らしく、服用タイプとなっているので、口唇ヘルペス、性器ヘルペスどちらにも使用できますね。

バルトレックスと同じで、塗るタイプではなく服用する形となりますのでヘルペスウイルスに直接効果を発揮する薬と言えますね。こちらも効果が高く副作用が少ない薬と言われているようです。だからといって必ず副作用が出ないわけではありません。体質によって、またはその日のコンディションなどによっては副作用が出てしまう事があると言えます。

主に報告されている副作用というのはバルトレックスと見た感じ同じですね。下痢、吐き気といった胃腸系の副作用が多く、それ以外ではめまい、眠気、発疹などの症状となっています。高齢者が服用することによってさらに強い副作用を発症させてしまう危険性もあることから、高齢者がゾビラックスを服用する際は必ず注意しなければならないと記載があります。

ゾビラックスは調べてみると病院で処方してもらう他に通販でも購入出来るようです。私はゾビラックスに関しては使用したことも購入したこともないのですが、バルトレックスと同じような効果と思っていても良いのではないでしょうか。バルトレックスが使用できない、体質的に合わないという方であればゾビラックスを試してみても良いかもしれません。

参考サイト:アシクロビル(おくすり110番)

アシビルクリーム

アシビルクリーム

アシビルクリームとはゾビラックスのジェネリックの薬となります。ジェネリックなので主成分にはアシクロビルが含まれています。ですが、1つ違う点として、アシビルクリームはその名の通り、クリームタイプとなります。

ゾビラックスが服用タイプなのに対し、ジェネリックであるアシビルクリームは塗るタイプとなるのです。そのため、私個人では同じ主成分を使用していたとしても、効果や副作用は若干異なってくると認識しています。使用したことがないのでなんとも言えませんが。

服用タイプが合わないという方やクリームタイプの方が使いやすいという方の場合はゾビラックスではなくアシビルクリームを使用でも良いのではないでしょうか。

ただし、クリームタイプというのは基本的に性器ヘルペスには使用されていないようなので、アシビルクリームも性器ヘルペスに使用できるのかと言われたら微妙なとこですね。塗り薬だけの性器ヘルペス治療というのはあまりおすすめされていないようなので、アシビルクリームを使用して性器ヘルペスを治療しようとする場合はあまり効果を実感出来ないかもしれません。

参考サイト:アシクロビル(おくすり110番)