クラミジアの治療は抗生物質を使用します。どのような抗生物質が効果的なのか詳しく説明していきます。

クラミジアの治療

クラミジアの治療

クラミジアの治療というのは私の場合は薬を投与して治すといった方法でした。色々と調べてみるとこの方法が一番効果的であり、一般的とされているようです。

私が調べた中だとクラミジアで病院へ行っても薬を処方してもらって治療するというのしか出てこないですね。クラミジアで手術というのが一切出てこないので多分行っていないのかと思います。

そしてクラミジアに効果的として使用されている薬は病院以外で通販でも購入することが出来るのです。私も実際に通販を利用して購入したことはあります。私がその時購入したのはクラビットのジェネリック医薬品であるエルクインという薬ですね。

最初通販を利用する際は少し不安に感じていたのですが、無事に届きましたし対応も良かったですね。個人的には病院よりも通販の方が楽なので次もしもあったら通販で購入しようかなと思います。ちなみに私は検査キットは毎回通販で購入しています。

クラミジア治療薬の使用

クラミジアというのは薬を使用することが一番効果的とされているようです。私が過去にクラミジアに感染してしまった際は病院へ行くとクラビットという薬を処方されました。

正直、その時は一切薬の種類なんて知らなかったのですが、調べてみるととても有名な薬なんだとわかりましたね。

クラビット以外にもクラミジアの薬というのは多くあるようなので、様々なサイトを拝見してまとめてみました。通販でも購入出来るので、欲しいという方は購入してみるのも良いかもしれませんね。

クラビット

クラビット

クラビットは私もクラミジア治療の際に処方された薬です。クラミジアの治療となるとほとんどの確率でこのクラビットが処方されると言われています。

ニューキノロン系と呼ばれる薬に分類されており、クラミジアに対して使用する薬の中でもかなり強力な部類で、細菌を殺菌する効果があります。

クラビットはクラミジアや淋病といった性病以外の様々な感染症にも使用されているようで、点眼薬、つまり目薬としても多くの方の手に渡っています。

ものもらいなどで病院へ行くと必ずと言っていいほど処方されるようですね。私も昔の記憶ですが処方された覚えがあります。

成分にはレボフロキサシンという成分が含まれており、この成分が体内に存在しているクラミジアの細菌に対してとても効果を発揮してくれます。

副作用は少ないとされており、私も一切気になることはありませんでしたが、使用方法によっては危険な副作用を招いてしまう危険性があるので注意しましょう。

ちなみにクラビットは効果が強いとされているため、妊婦の方や子供が服用してしまうと危険なので服用禁止となっています。

クラビットは1日に1回の服用となっています。500mgを摂取しなければいけないため、500mgであったら1錠、250mgであったら2錠服用するとされています。症状の度合いなどによっては用量も増減するようです。

クラビットについて私の経験と様々なサイトを拝見してまとめてみました。クラビットは病院以外に通販でも購入できるようなので病院へ行くのが面倒だという方は通販で購入するのも良いかもしれないですね。

>> クラビットを購入する(外部リンク)
※リンク先はジェネリック医薬品のページとなります

参考サイト:レボフロキサシン水和物(おくすり110番)

ジスロマック

ジスロマック

ジスロマックはクラビットと同じくらい有名な薬となっています。病院で処方されることも結構多いようです。私は調べてはじめて知ったような薬なのですが、意外と有名なんですね。

一番の特徴というのは副作用がかなり少ないという点ですね。それに加えて1日1回服用を3日間続けることで、既存の同じ薬を1週間~2週間使用した場合と同じ効果が得られるとされています。

これを知った時に正直クラビットよりもジスロマックを処方されたかったなと感じましたね。3日間服用すればもう飲み忘れの心配もないようなものですからね。

ジスロマックはクラビットとは違いマクロライド系の薬に分類されています。このマクロライド系に分類されている薬というのはどれも副作用が少ないようです。

なので副作用が気になるという方でも安心して飲める薬ですね。子供用のカプセルや細粒も販売されているほどの安全性です。

また、風邪で病院に行った際も処方される機会があるようです。理由としては風邪には効かないようですが、細菌によって起きる二次感染を予防するためだとか。

もちろんクラミジアでも処方される機会は多いようで、クラビットと同様、淋病などの性病やその他の感染症にも効果的とされています。

アジスロマイシンという成分を含んでおり、この成分がクラミジアの細菌の増殖を抑え、殺菌的に働くとされているのです。

私が調べていた感じだと副作用はジスロマックの方が少ないですが、クラビットの方が効果が高いという印象です。クラミジアの薬で副作用が怖い、不安だという方はクラビットよりもジスロマックを使用したほうが良いかもしれないですね。

>> ジスロマックを購入する(外部リンク)

参考サイト:アジスロマイシン水和物(おくすり110番)

クラリスロマイシン

クラリスロマイシン

クラリスロマイシンもジスロマックと同じマクロライド系に分類される薬となっています。なので、副作用も少なく安心して服用することが出来るのではと思います。

クラリスロマイシンというのは成分名となっており、薬の名前で言うとクラリス、クラリス錠、クラリシッドなど様々な名前が存在します。

クラミジア以外にも使用されることが多く、中耳炎などに薬としても良く用いられています。クラミジア以外にも様々な細菌に対して有効的とされているため、呼吸器や耳鼻科などを中心に良く使用されている薬のようです。

また、ジスロマックと同じで風邪で病院に行った際に処方されることもあり、用途としては風邪に対してではなく、二次感染などの予防のために使用されることが多いようです。

クラリスロマイシンは副作用の少ない薬としてとても有名ですが、体質的に合わない方であったり、服用した日のコンディションによっては胃腸系の副作用が発症してしまう事があります。

そのため、病院でクラリスロマイシンを処方してもらう際は胃腸薬も同時に処方してもらう事が多くなっています。実際に私がクラビットを処方して貰った際も一緒に胃腸薬を処方してもらいました。

>> クラリスロマイシンを購入する(外部リンク)
※リンク先はジェネリック医薬品のページとなります

参考サイト:クラリスロマイシン(おくすり110番)

ミノマイシン

ミノマイシン

ミノマイシンはテトラサイクリン系に分類される薬です。クラミジアにはもちろん効果的とされている薬となっています。

多分この薬の名前を聞いたことがないという方も多いのではないでしょうか。私も全く知らなかったですし。

ミノマイシンはミノサイクリン塩酸塩という成分が主成分として含まれています。ちなみに少し調べてみたらこのミノマイシンという薬はファイザーという会社が開発したそうです。ファイザーというのはバイアグラを開発した会社ですね。この事が何か関係しているのかと言われたら何もないですが…。

ミノマイシンは昔、抗生物質としてよく使用されていたようですが、最近ではもっと効果の強い薬が存在するため、さほど使用はされていないようです。

とはいってもテトラサイクリン系の薬しか効果のない細菌も存在するようで、そのような細菌に対してはミノマイシンも使用されることが多くあるようです。

ミノマイシンはクラミジアにはもちろん効果的とされており、3日~4日程度服用することで徐々に症状が治まってくるとされています。もしも全然症状が治まっていなかったり、逆に悪化してしまったという方の場合は薬が合っていない可能性が高いとされており、その場合はすぐに医師に相談すると良いでしょう。

ミノマイシンは副作用の少ないジスロマックと比べると若干ですが、副作用の出やすい薬とされているようです。特に抗生物質特有の胃腸系の副作用が出る可能性があるとされており、病院で処方してもらう場合は一緒に胃腸薬も処方される機会が多いとされています。

クラビットやジスロマックがある中でミノマイシンはクラミジアに対してあまり処方される機会が少ないかと思いますが、上記の薬が効果がなかったという場合は使用してみると良いかもしれないですね。

>> ミノマイシンを購入する(外部リンク)
※リンク先はジェネリック医薬品のページとなります

参考サイト:ミノサイクリン塩酸塩(おくすり110番)